パッケージソリューション

AR統合基盤製品
Interstage AR Processing Server

Interstage AR Processing Server 概要

AR(Augmented Reality)を活用して現場業務を革新するためのAR統合基盤製品

スマートデバイスのカメラをARマーカーにかざすだけで、利用者が必要としている情報を現物に重ね合わせて表示したり、簡単な操作で現場で情報を追加することができます。 本製品は、富士通独自のARマーカー(特許出願済)を利用し、照度・距離・手ぶれに強く、業務での使用に耐えうる認識精度を実現します。

インターステージ エーアール プロセッシング サーバーの図

(注1)AR : 人間の感覚(五感)で得られる情報(現実)に、ICTを用いて得られるデジタル情報を、重ね合わせて人間の感覚を拡張・強化する技術。

Interstage AR Processing Server 特長

現場で使える認識精度を実現

ARマーカー画像を認識することで、モノや位置の特定を行います。
誤り訂正機能を持った、富士通独自のARマーカーを(特許出願済)採用することにより、IDや照度・距離・手ぶれに強く、野外や暗所などの現場においても、業務での使用に耐えうる認識精度を実現します。

スマートデバイスをかざして状況に応じた最適な情報を取得

スマートデバイスをARマーカーにかざすことで、画像認識し取得したIDなどの情報を基に、作業内容・手順などの状況に応じたコンテンツを取得することができます。例えば、 保守員にはマニュアルを、点検員には計測データの入力フィールドを表示させるなど、現場業務で状況に応じた情報を利用することができます。
サーバにて表示するコンテンツを一元管理することで、同じARマーカーでも作業内容や利用者に応じて表示するコンテンツを切り替えることができます。また、コンテンツをキャッシュすることで、作業現場がオフライン環境でも必要な情報を取得することができます。

図 スマートデバイスをかざして状況に応じた最適な情報を取得

スマートオーサリングによる直感的な操作で、簡単にコンテンツを作成

現場での ノウハウ、気づき、注意事項といった情報を、テキスト・手書きメモ・図・写真などでARコンテンツとして、ARマーカーに紐付けて登録することができます。 現場での情報を共有することにより、人的ミスの防止や品質の安定化が図れます。ドラッグやピンチイン、ピンチアウトなどの直感的な操作で、だれでも簡単に、スマートデバイスに表示された現物画像の位置に合わせて作成することができます。
また、コンテンツをキャッシュすることで、オフライン環境でも表示できます。また、ARコンテンツをサーバで管理することで、作業内容や利用者に応じて表示するコンテンツを切り替えることができます。

図 スマートオーサリングによる直感的な操作で、簡単にコンテンツを作成
clear box