FDOS会員ソリューション

次世代点検ソリューション
株式会社ダイテック

当社がユーザーに提案するべきマニュアルの問題点

既存の紙マニュアルだけでの課題
◇情報がマニュアル提供側からの一方向である
◇情報が属人化し、再利用が困難
◇作業計画が厳密に実施できない
◇マニュアルの情報量が多すぎる。しかもわかりにくい!

タブレット・ARの導入で変わる次世代の予防保全作業

タブレット・ARの導入により可能になること
◇保守作業の情報フィードバック、共有、提案が円滑になる
◇保守作業、点検履歴をデータ化することにより、トラブルの傾向を解析できる
◇点検時期のうっかり忘れの防止
◇動画、音声、重畳表示による情報の認知度アップ

予防保全作業にタブレット・ARを利用する

機能
 ●重畳表示機能(実物に指示、注意、手順を重ねる)
 ●履歴検索機能
 ●記録機能(写真、ビデオ、音声)
 ●トラブルシューティング表示機能(エラーコード認識/遠隔指示)
 ●情報共有機能・外部情報参照機能

ARの実演デモ

保守点検業務をARでおこなう事例ご紹介
 ●機械設備の点検業務を想定
 ●Fujitsu Interstage AR Processing Serverで開発した専用アプリを起動
 ●赤色のARマーカー箇所にタブレットでをかざす

ARマーカーにカメラをかざすと・・・
 ●AR Processing Serverからタブレット画面上に情報が読み込まれる
 ●タブレット画面上から入力が可能

 ☆デモのご用命は、お問い合せフォームより、お申込み下さい。

さらに詳しい内容については、株式会社ダイテックのホームページをご覧下さい。